着物を着るときのマナー
2017.06.21

笑顔の女性着物の合わせ目というマナーがあるように、着物には他にも多くのマナーというものが挙げられます。
今回、ここでは着物を着るときのマナーをテーマにお話を進めていきます。
「きものの世界は奥が深い」という部分を垣間見ることになるかもしれません。
そして、着物の魅力に取り憑かれてしまうかもしれません。
マナーと耳にすると、面倒なイメージが付きまとうものですが…知ってしまえば「なるほど」となるはずです。
ともあれ、早速、着るときのマナーについて学んでいきましょう。

■着物と言っても様々な種類がある

着物に様々な種類があることは、言うまでもなくご存知の通りです。
知名度の高いところを紹介すると…留め袖、振り袖といったところでしょうか。
では、この留め袖・振り袖ですが、着用していくとマナー違反になる場合もあります。
例えば…友人の結婚式。
着物を着たいという気持ちは非常に分かりますが…留め袖や振り袖は、非常に各位の高い着物になります。
つまり、自分自身の子供の結婚式で母親として参列するなど、結婚する親しき人が着るべきものというわけです。
これはお葬式のときも一緒です。
ただ、最近では、そこまで強く意識しないでも良いという流れもあるため、最終的には現場判断にはなりますが。
ともあれ、ここで伝えたいことは「着物の種類によって細かなルール・マナーがあります」ということです。

■着崩しすぎることはマナー違反になることもある

ファッションの1つとして、着物を着崩してオシャレ感を出すという方法をよく目にします。
これはこれで1つのファッションの形のため、何ら問題はありません。
しかし、着崩す場合、しっかりと状況を見て行う必要があります。
例えば「留め袖や振り袖を着崩す」となった場合…着物の中では最高位のものを着崩すことになります。
これが意味することは、礼服を着崩してオシャレに決めていると言い換えることもできます。
見る人によっては「なんて非常識なことをしているのか!」と感じてしまうことも。
かなり前の話ですが、ミス日本の人が着物を着崩してコンテストに出場した際…強いバッシングを受けたときがありました。
このように「やりすぎてしまうとマナー違反になることもある」ということは理解しておきたいところです。

ともあれ「着物も他の服と同様にTPOをわきまえて着用すること」ということが重要なってきます。
着物というとどうしても特殊な服というイメージを抱いてしまいますが、これは誤りで、ただの服だということです。
そして、マナーも服としてのマナーを守れれば何ら問題ないわけです。

▲ ページトップへ