草履・下駄について
2017.06.21

髪飾り着物を着用しているとき、スニーカーやピンヒールなど履く。
非常に違和感を覚えます。
見た目的にも、一般論として好意的に捉える人の方が少ないでしょう。
唐突な冒頭でびっくりしたかもしれません。
「下駄」や「草履」が一番合うというお話をしたく思ったところ、このような形になってしまいました。
ともあれ、以下より、着物と草履・下駄の関係性などについてお話を進めていきます。

■草履とは?下駄とは?意外と知らない両者の基本的なこと

草履と下駄の違いを質問されたとき、どのように答えますか?
言葉にすることは難しいですが、何となくのイメージはある人は多いのではないでしょうか。

例えば、下駄は木で出来ていてカランコロン音を出しながら歩く履物。
草履は、下駄のように凸凹しておらず、スルスル有ることができる履物。
このようなニュアンスで捉えている人も多いかと。
ちなみに、雪駄と呼ばれる履物あり、これも合わせて説明をしろと言われると、答えを窮してしまいます。

さて、ではこの両者の違いは何か?
例え話をした内容で概ねあっています。
専門用語を使って説明をすると、下駄は木製の台に穴を開けて紐を通して履く履物。
草履は、底が平らな鼻緒を付けて履く履物になります。
よく勘違いしてしまうのは「下駄は歯があるもの」(裏側が凸凹になっている状態)という認識です。
実はこれは間違いで、厳密には歯がない下駄も存在します。
ポイントは「木製の台」ということです。

■草履はフォーマルなところへ出かけるとき

草履と下駄。
フォーマルな服装が求められた場合、どちらを選択するのが正しいのか?
答えは、既に見出しに記載されていますが、草履が正解となります。
式典など格式ある場所に、下駄を履いてカランコロンと鳴らしながら歩くとなると…やはり気になってしまいます。
やはり格式ある場所は、スマートに決めたいところ。
もちろん、このような感情論ではなく、日本の文化として、草履はフォーマル、下駄はカジュアルというマナーがあることは理解しておきましょう。
ちなみにですが、よりフォーマルは雪駄と言われていることも、知識として持っておくとよいでしょう。

■下駄はカジュアルな場面で…だからこそ浴衣は「下駄」になる

下駄は兎にも角にも「カジュアルな場面で活躍する気軽な履物」と理解をして頂ければ結構です。
だからこそ、浴衣だったり、着崩したメンズ着物には下駄が凄く似合うわけです。
女性用の下駄も風情があってカジュアルに楽しむことができるため、夏祭りのときなどは友人・恋人などと一緒に楽しめるとよいでしょう。
それくらいカジュアルなものと感じて頂ければ幸いです。

▲ ページトップへ